サーフィンの波情報はライブカメラでチェックする

サーフィンの波情報を知りたければ、波情報のサイトのライブカメラを利用することです。

無料ではない有料サービスは、1990年頃から始まっていて、昨今では、ライブカメラのアングル総数などに力を入れるところが多いです。


おすすめの波情報サイトは、波伝説で、提供箇所は約125箇所あり、一日あたりの総更新回数は約500箇所となっています。
ライブカメラのアングル総数は約44で、独自のサービスとして、音声での解説付のライブカメラを提供しています。

波伝説

なみあるも人気のサーフィンの波情報サイトで、湘南に特化しているのが特徴で90秒あまりの長尺ライブカメラが好評です。
波通は知る人ぞ知るサーフィンの波情報サイトで、クオリティの高さで定評があります。


私的には、スマホのアプリに対応した波伝説が一番使いやすいかなと思いました。
BCMサーフパトロールは、いまいちかな。
なみあるはPCで見るといいかも。サーフポイントもたくさん掲載されている感じです。

スポンサーリンク

結局、波情報サイトは使えるのか??

サーフィンの波情報は、波情報サイトを利用するのが一番なのですが、料金面などは微妙に違うので、どこがよいかは一概に言えません。

本物の波情報として、それぞれ特徴があり、ライブカメラなど含めると、正直、どこが良いのかは言い切れません。
いい波が出ているポイントは混雑するので、必ずサーフィンが楽しめるとは限らないのが、波情報の特徴です。


ということで、私は会員登録してすぐにどこも解約しました(^_^;)。
メジャーなポイントをサーフトリップするなど、限られた用途でないと使いきれない感じです。


自分のよく行くサーフポイントにライブカメラがあるようなら、それを見るだけで十分だし、というか、よく行くサーフポイントの動画がないと会員登録した意味がないし、潮の干満、波の高さ・方向、風向きなどはネットで確認できるのでねえ。

地方だと、やっぱりサーファー仲間の口コミが一番なのかもしれません。(笑)


[サーフィンライフ] ブログ村キーワード

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です