サーフィン初心者のショートボードのテイクオフの上達方法

サーフィン初心者のショートボードでのテイクオフの方法~上達するための理論と練習とコツ



santacruzjapanさんのチャンネルから「サーフィン ビギナーズバイブル テイクオフ編」の動画の詳細をご紹介します。

この解説本はこちら→DVD付 ショートボード・ビギナーズ・バイブル―この一冊でサーフィンがうまくなる (よくわかるDVD+BOOK―SURFRIDE)


サーフィンで最も難しいと思われているテイクオフ。
しかし、テイクオフは基本的な動きを理解しマスターしてしまえば、決して難しいものではありません。
この動画では、テイクオフをマスターしていくためのコツを紹介していきます。


●テイクオフの動きについて

テイクオフの基本的な動きを見ていきましょう。
ポジショニング~完全に走らせる~腕立て~足の引きつけ~中間姿勢~スタンドアップ~


●ポジション~足の引きつけ(陸上でショートボードで解説しています)

(ボードに腹ばいになり)まずパドルと同じ自分の重心とボードの重心を合わせた基本ポジションを確認する。
ボードを完全に走らせたら、両手を味噌落ちの脇あたりにおき、腕立ての姿勢を作る。
(両手は、ボードのレールをつかまないで手のひらで板を軽く押さえる感じにしていますね)

近くを見るとバランスを崩しやすいので、視線は常に遠くを見るようにしましょう。
タイミングを計り腰を横に向けながら、体を前に引っ張り出すイメージで、両足を一気に前に引きつけましょう。
(軽くジャンプするように見えるが、最初は両足の位置を確認しながら確実にポジショニングしていくのがよさそうです)


●中間姿勢(ここが重要!)

この体勢が中間姿勢です。
前足はボードの中心の少し前、後ろ足は肩幅かくらいのところに置きます。
この両足がサーフボードのセンターをまたぐポジションが基本です。
腰は横向き、胸を起こし、遠くを見るようにしましょう。

この中間姿勢ができれば、テイクオフは、ほぼ、成功するはずです。


●スタンドアップ

スタンドアップは立つのではなく、軽く手を離すぐらいの感覚で行うと、スムーズにできます。
膝を落とし、前足荷重で立ち上がります。
(掘れた波だといきなり後ろに体重をかけないとパーリングしてしまうこともありますね)

安定したテイクオフをするためには、パドリングからスタンドアップまで、重心を変えないことが大切です。


●チェック~手の位置

テイクオフがうまくいかない人は、手の位置を確認してみよう。
前すぎると体を持ち上げきれず、足を引きつけにくくなります。

逆に手の位置が後ろ過ぎると、力が入らず、うまく体を持ち上げることができなくなる。
手の位置が左右ばらばらだと、バランスを崩してしましやすいので、ボードのレール付近に、左右同じ位置に置くことが基本です。

また、レールをつかんでしまうと、手を離しにくくなってしまうので、注意しましょう。


●チェック~ポジション

よく見られる失敗例が、体が前を向いてしまっているケースです。
これでは正しく足の位置をポジショニングすることができず、ボードコントロールもできなくなるので、しっかりと横を向くようにしよう。

体重が後ろに乗ってしまうケースもありがちな失敗例です。
サーフィンでは、前に体重が乗ればスピードアップし、後ろに乗ればブレーキがかかってしまうことを覚えておこう。

前足が前に出ないと、ボードは走りません。
前足は必ずサーフボードの重心の前に置くことが必要です。
この、板の重心をまたぐ足のポジションが、テイクオフではとても重要なので、完全にマスターしましょう。

スポンサーリンク

海に入って、テイクオフを実践しよう

●海でのテイクオフ~ボードを走らせる

テイクオフを成功させるためには、しっかりとボードを走らせることが大切です。
スープなどを利用して、このサーフボードを走らせる感覚を身につけよう。

走りきらないでテイクオフの動作に入ると、波において行かれるので注意しましょう。


●海でのテイクオフ~小さめな波でテイクオフ
●チェック~「パドル~腕立て~中間姿勢~スタンドアップ」

最初は小さめの波で、「パドル~腕立て~中間姿勢~スタンドアップ」のひとつひとつの動作をしっかりと確認しながら、練習をしましょう。

この中間姿勢をしっかり作ることができれば、高い確率でスタンドアップからテイクオフが成功するはずです。

(失敗例)
テイクオフ(特に腕立て~中間姿勢)のときに下を見るとパーリングしてしまうので、視線は上を向けるようにしましょう。


●チェック~テイクオフの流れ~完全に走らせる

もう一度テイクオフの流れを見てみよう。
まず、パドリングしながら、前に体重をかけ、ボードの角度を斜面の角度に合わせてボードを走らせます。
完全にボードが走り出したら、腕立ての体勢を作りましょう。(腕立て)

両足を一気に前に引きつけ、中間姿勢を作ります。
手を離したら、前足荷重でライディングに入っていきましょう。

パドリングの時に、体を前に引っ張り出すようにテイクオフをすると、ボードはきれいに走って行くはずです。

また、あごでサーフボードを押すようにすると、前に体重を乗せることができます。

崩れてくる波では、ブレイクするタイミングを予測してスタンドアップしましょう。
(基本は波が崩れる前のうねりからパドリングしてテイクオフするのが基本ですが、いきなり波が割れる時などの対処法です)


失敗例~崩れてしまっている波

崩れた波は不安定なので、正しくポジショニングして、力強いパドリングで、波のうねりに乗れるようがんばりましょう。


●速い波でのテイクオフ

崩れ方が速い波では、しっかりしたパドルによる早いタイミングでのテイクオフがポイントとなります。


●大きな波でのテイクオフ

サイズのある波でのテイクオフは、波の大きさを怖がらずに全力でパドリングして、しっかりと体を前に出していくとメイクできるようになってきます。


●ファンボードの場合のテイクオフ

ボードの長さが変わっても、テイクオフの基本動作はすべて同じです。


●スープでの練習

スープは不安定で、必ずしもテイクオフの練習に向くとは言えません。
まずは、サーファーが少ないポイントを選んでゲティングアウトして、力強いパドルで、波のうねりに乗る練習をしましょう。

テイクオフは、パドル力次第。
積極的なパドリングが、テイクオフの上達につながることを覚えておきましょう。

(経験的には、パドリング中に波が後ろから押してくれる、波が追いついてきたぞと感じた時に一気にパドリングすると、いい感じでテイクオフができると思います。


[サーフィンスクール] ブログ村キーワード

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です